Piの専用イメージ作成

自力でDonkey CarのコアとしてRaspberry Piを利用する場合、さまざまなPythonおよびTensorFlowライブラリをPiでネイティブに動作させるために大変な作業でした。

LinuxおよびPiの専門家によって3年間にわたって慎重に作成された、DonkeyCarに特化したRaspberry Piをディスクイメージを利用するとよい。

イメージの用意

公式サイトからのダウンロードがお勧め。Raspberry Pi Imagerを利用する場合、自動ダウンロードになります。イメージ用意の必要がない。

しかし学内からのダウンロードで、回線が遅いの場合、最後の学内サーバを利用について参考してください。

イメージSDカード作成

Raspbian、公式のRaspberry Piオペレーティングシステム、およびその他のオペレーティングシステムを使用して、microSDカードのイメージをより簡単に作成できます。新しい書き込みユーティリティ、Raspberry Pi Imagerを利用しましょう。

Downloads

Use Raspberry Pi Imager for an easy way to install Raspberry Pi OS and other operating systems to an SD card ready to use with your Raspberry Pi:

Version: 1.4

 

このユーティリティは、メカニクスに導入したいくつかのショートカットのおかげで、使いやすく、非常に高速です。

使用可能なオプションからオペレーティングシステムを選択すると、ユーティリティは当社のWebサイトから関連ファイルを直接読み取り、SDカードに直接書き込みます。これにより、Webサイトから読み取り、ハードドライブ上のファイルに書き込み、それから別のステップとして、ハードドライブから読み取り、SDに書き込む標準プロセスと比較して、プロセスが大幅に高速化されます。

このプロセス中に、Raspberry Pi Imagerはダウンロードしたオペレーティングシステムイメージもキャッシュします。つまり、コンピューターにローカルコピーを保存します。そのため、ファイルを再度ダウンロードせずに追加のSDカードをプログラムできます。

 

初めて起動する

初めて起動する場合、 RaspberryPi にできたSDカードを差し込み、下記のものを接続し、電源は最後に接続する。

  • USBキーボード
  • HDMIディスプレイ
  • 電源(5V、2.5A)

ディスプレイで DonkeyCar の RaspberryPi用イメージ の起動を確認する。

第一工業大学の学内のNAS

学内からのダウンロードで、回線が遅いの場合、学内のNASサーバにあるイメージを利用してください。

#第一工業大学の学内では、下記のNAS(ネットディスク)を利用してください

# \192.168.0.160share

Window 10 のアップデートによってNASがつながらなくなってしまう場合、ファイル共有Sambaの”SMB v1”を有効にする対策が必要です。

デスクトップの画面左下にある”検索窓”で「Windowsの機能の有効化または無効化」を検索して起動します。画面が現れたら「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」という項目をチェックしてください。

OKをクリックすると、自動で設定が行われます。