Piファイル関連

Linuxのファイル

Linuxのファイルは、特別なものではない。WindowsやMacのそれとまったく同じものだ。

Linuxではコマンドで動かす黒い画面(CUI)で見ることが多いため、名前だけでアイコンがなくイメージがしにくいかもしれない。しかし、まったく同じものをイメージしながらファイル操作を覚えるとわかりやすいだろう。

ファイルの一覧を見る

ファイル一覧を確認するときに使うのが「lsコマンド」。

ファイルの手っ取り早い作成方法

一番手っ取り早く作成する方法をお伝えしよう。「touchコマンド」を使う。

ファイルのコピー

Linuxでするときは「cpコマンド」を使う。

$ cp コピーするファイル名 コピー先のファイル名

ファイルの名前変更

ファイルの名前変更は「mvコマンド」を使う。moveの略なので、本来的にはファイルの移動のためのコマンドだ。Linuxではこの移動コマンドを使って名前を変更する。

$ mv 名前変更ファイル 変更後の名前

ファイルの閲覧

閲覧の方法は様々ある。一番簡単なcatコマンドを試してみよう。

$ cat ファイル名

でファイルの中身を見ることができる。

ファイルの削除

最後はファイルの削除だ。ファイルの削除には、rmコマンドを使用する。removeの略だ。

$ rm ファイル名

実際にやってみよう。

ーーー

Raspberry PiはSDカードに置かれたファイルシステムを使用して稼働する。SDカードはアクセスが遅い上に、書き換えを繰り返すと壊れてしまう。

長時間運用の場合は、次のような対応が必要かも知れません。

をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

Raspberry PiとうとうUSBブートがほぼ正式に出来るようになりました。

SSDなどは同じフラッシュメモリー系のmicroSDカードよりも堅牢で、且つドライブとして利用することを前提に設計されている点と、スピードが速いということが利点として挙げられます。

参考;

https://raspida.com/rpi4-ssd-usb-boot

 

Raspberry PiをNFSルートファイルシステムで使う

ルートファイルシステムとして別のLinuxマシンなどからNFSでエクスポートしたファイルシステムを使用すると、SDカードの寿命を気にすることなく、かつキビキビと動作させることができる。